Last update:2014/10/1

ペット葬儀会社に葬儀方法を依頼する(ペット霊園について)

 ペットの遺体を安置したら、ペット葬儀会社に葬儀の方法を依頼しましょう。まずは、お近くのペット葬儀会社や霊園に連絡して葬儀方法についてご相談しましょう。ペット葬儀会社によってさまざまなサービスがありまので、複数連絡してみてペットに対して行いたい葬儀を取り扱っているペット葬儀会社を選択するのが良い方法ですよ。葬儀は最後のお別れの儀式ですので、飼い主さんがペットに対してしてあげたいと思う葬儀が一番の供養になります。葬儀の種類も豊富にありますので、きちんと内容を確認してから葬儀をお願いするようにしましょう。次に、葬儀の種類についてご紹介しておりますので葬儀選びの参考にしてください。

ペット霊園の供養方法

 ペット専用のペット霊園が、ここ最近多くなりました。霊園ということもあって、個別墓地や共同墓地があるのです。だいたいが火葬を行った葬儀会社が霊園やお寺と共同で行っている場合や、葬儀会社自体が運営しているところもあります。お近くに霊園があるなら、ペットの遺骨を埋葬して供養してあげるのも良いのではないでしょうか。基本的に納骨堂やお墓への墓参りはいつでも可能なので、飼い主さんにとっても安心できるのではないでしょうか。では、次にペット霊園の個別墓地や共同墓地の特徴についてまとめてみました。

■個別墓地で供養する
・人間の墓地と変わらず、個別で墓石と墓地が準備されています。別料金で、墓石にペットの名前を刻むことができます。
・お墓参りは基本いつでも可能なので、供養してあげたいときにお花やお線香を手向けてあげましょう。
・ペット霊園によってですが、合同慰霊祭を行っているところもあります。
■共同墓地で供養する
・一般的に、供養塔やお墓などに他のペットたちと一緒にご自分のペットを埋葬します。
・他のペットたちと共同に埋葬されるため碑石などを立てることは無理なのですが、個別墓地よりも費用を抑えることができます。
・個別墓地同様、お墓参りは基本いつでも可能なので、供養してあげたいときにお花やお線香を手向けてあげましょう。
■納骨堂について
・ペット霊園では、基本的に納骨堂を備えている霊園が多く、定期的に僧侶が読経してくれるところもあります。
・納骨堂には、個室タイプ・コインロッカータイプ・棚タイプがあり、ペットが愛用していたおもちゃやペットの写真などを飾ることが可能です。
・ペットの遺骨を期限付きで預けることもできます。霊園によって期限が異なりますので、事前に確認しましょう。

check

マピオン
http://www.mapion.co.jp/

Copyright (C) 2008 ペット葬儀情報のペットPet. All Rights Reserved.