Last update:2014/10/1

ペット葬儀の手順(ペットが亡くなった場合)

 ペット葬儀を行うにしても、初めてだと戸惑ってしまうことでしょう。それに、ペットが亡くなってしまってからでは冷静に判断することは難しいです。不謹慎なことだと思われるかもしれませんが、ペットがなくなる前にきちんとペット葬儀の手順について確認と葬儀社を調べておく必要があります。家族の一員であるペットがいなくなってしまうことは、とても辛く悲しいことです。その日を迎えたときに、冷静に判断することはとてもではありませんができないと思います。そうなると葬儀をスムーズに行えずに、最後の別れの儀式である葬儀が何の意味も持たないものになってしまいます。そうならないためにも、ある程度葬儀の手順は把握しておくようにしましょう。このページでは、ペット葬儀の手順についてご紹介しております。

ペットが亡くなってしまったら

 ペットが亡くなってしまったらとても悲しいため、冷静に判断することができなくなるでしょう。もしかしたらペットが亡くなってしまったことに慌ててしまって、そのままの状態で放置してしまうことにも成りかねません。そうなってしまったら、ペットがとても可哀相です。今まで共に過ごしてきた家族なのだから、手厚く葬ってあげようではありませんか。楽しい思い出をいっぱいくれたペットをきちんと弔うためにも、まずはペットが亡くなってしまった場合の対応方法をご紹介したいと思います。ペット葬儀の前に、まずは遺体の処置が先です。

1.ペットの遺体を安置

 人間と同じく、ペットの遺体を安置しましょう。「棺」代わりとなる箱を用意し、その箱の中にペットを安置します。棺といってもそう大したものではなく、ダンボール箱などの箱で構いません。死んでしまうと「死後硬直」が始まってしまいます。もしペットが犬小屋の中で亡くなってしまった場合、この死後硬直が始まってしまうと犬小屋から取り出せなく可能性も考えなければいけません。そうならないためにも、ダンボールの中にペットを入れておきましょう。もし鳥などの小さい動物の場合は、かごを使うと良いですよ。棺代わりのダンボール箱の中には布やシーツなどを敷いて、その上にペットをおきましょう。
 安置場所は、日差しを避けて風通しの良い涼しい場所を選びましょう。ダンボール箱では可哀相と思う飼い主さんもいらっしゃると思いますので、そういった方はペット専用の棺をご購入されてはいかがでしょうか?

2.ペットの遺体を冷やす

 ペットの遺体を冷やしてあげましょう。濡らしたタオルなどで、ペットの遺体を拭いてあげます。きれいにしてあげようとする行為が大切ですので、顔だけでも拭いてあげましょう。毛並みも揃えてあげれば、ペットも喜んでくれると思います。手厚く葬ってあげるためにも、ペットにきちんとこのような処置は施しましょうね。もし夏場などの暑い季節の場合は、氷などの冷たいもので体を冷やしてあげるといいですよ。

3.ペットの遺体を冷やす

 もし、ペットが愛用していたものがあるなら棺の中に入れておくのも良いと思います。食べ物やおもちゃなど、思い当たるものがあるなら入れてあげましょう。ペットのためにお花などで祭壇を作るも良いかも知れません。火葬の前に、最後の別れをペットに伝えておきましょう。愛用品を入れる場合、火葬では化学繊維のものなど熱すると危険なものがありますので、葬儀会社の担当者に確認する必要があります。プラスチックや金属などは、火葬できませんので要注意です。

4.ペット葬儀会社に連絡する

 土葬でも十分だとお考えの方もいらっしゃると思いますが、家族として接してきたペットなのですからペット葬儀を行うことをお勧めします。上記の処置が済んだら、お近くのペット葬儀会社に連絡をとって葬儀の段取りを進めましょう。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2014/11/25

Copyright (C) 2008 ペット葬儀情報のペットPet. All Rights Reserved.