Last update:2014/10/1

ペット葬儀会社に葬儀方法を依頼する(埋葬する方法を決める)

 ペットの遺体を安置したら、ペット葬儀会社に葬儀の方法を依頼しましょう。まずは、お近くのペット葬儀会社や霊園に連絡して葬儀方法についてご相談しましょう。ペット葬儀会社によってさまざまなサービスがありまので、東京や大阪、埼玉の葬儀社など、複数連絡してみてペットに対して行いたい葬儀を取り扱っているペット葬儀会社を選択するのが良い方法ですよ。葬儀は最後のお別れの儀式ですので、飼い主さんがペットに対してしてあげたいと思う葬儀が一番の供養になります。葬儀の種類も豊富にありますので、きちんと内容を確認してから葬儀をお願いするようにしましょう。次に、葬儀の種類についてご紹介しておりますので葬儀選びの参考にしてください。

埋葬する方法を決める

 ペットの遺体の火葬方法を決めたら、遺骨の埋葬方法でを決めます。埋葬方法は、自宅に遺骨を持ち帰り埋葬する方法と、葬儀場や霊園で納骨する方法があります。慰霊碑、供養塔など永代供養してくれるところも中にはありますので、事前に確認しましょう。供養の期間なのですが、ペットの場合決まった区切りはありません。霊園や納骨堂ではペットも家族として接していたわけですから人間と同じように命日、初七日や四十九日などに法要するのが一般的なようです。次に、それぞれの埋葬方法の特徴をまとめてみました。

■自宅で埋葬する場合
・火葬後、ペットの遺骨を自宅に持ち帰り埋葬する。
・ペットのために、小さい祭壇を作って供養する。お花を飾っている人もいます。
・初七日、四十九日などに改めて霊園に埋葬を依頼するケースもあります。自宅に庭があれば、お墓を作ってそこに埋葬する人もいます。
・ペットの遺骨で、メモリアルグッズやペンダントを作ったりもします。
■合同法要で埋葬する場合
・年に数回の合同法要を、ペット霊園や納骨堂では行っております。
・飼い主に限らず、誰でも合同法要に参加できます。
■永代供養
・慰霊碑、供養塔など永代供養してくれます。

Favorite

Last update:2015/4/9

Copyright (C) 2008 ペット葬儀情報のペットPet. All Rights Reserved.