ペット葬儀をご存知でしょうか?

 ペット葬儀をご存知でしょうか?人が亡くなった場合には、お通夜・葬式・告別式などお別れの儀式を行いますが、今や育てたペットの「葬儀」も行う時代になったのです。少子化が進む現代では、ペットの数の方が現在の子供よりも多いのです。そのため、東京や埼玉など都市部での葬儀だけでなく、北海道や沖縄まで全国でペット葬儀を行っている業者が増えました。これから先、ペットの数はさらに増えることになるでしょう。そのため、ペット飼っているといったご家庭は多いのではないでしょうか?「ペットは家族の一員」と、ペットを飼われている方からよく聞きますよね。長年連れ添ったペットはだだのペットではなく、家族と同じなのです。

 そんな家族同等のペットですが、人間と比べると寿命が短いため、悲しいことなのですが別れの日を迎えることは避けられない事実です。寿命でなくても不慮の事故や病気などその理由はさまざまですが、今まで家族として共に過ごしたペットを庭に埋葬するだけのお別れでいいのでしょうか?最後のお別れを「葬儀」と言う形で、きちんと弔いたいと思うのが家族としての心情ではないでしょうか。長年ペットと共に過ごした方にとっては、もはや人間と動物の境なんてありません。ペットは、その境を越えた関係になっているのです。家族の一員であるペットがお亡くなりになったとき、葬儀を焦らずにきちんと行えるよう当サイトでは「ペット葬儀」に関する知識をご紹介しております。あなたの大切なペット、最後の最後まできちんと見届けるためにも「ペット葬儀」の参考にしてください。

ペット葬儀とは

 ペット葬儀とは、その名の通り今まで飼われていたペットが亡くなってしまったときに行う葬儀のことです。そのため、人間の葬儀とあまり変わりません。これまでペットが亡くなってしまったときは、恐らく埋葬するのが一般的なお別れの方法ではないでしょうか。自治体に引き取ってもらったご家庭もあったかもしれません。しかし、近年のペットブームに伴い、ペットを飼われているご家庭は昔より多くなりました。少子化の影響も、ペットを飼う理由の一つです。それだけペットは私たちの生活に溶け込んだ存在になっているため、もしペットが亡くなってしまうとその悲しみはとても多きく、飼い主に大きな傷跡を残します。最近耳にするようになった「ペットロス」も問題になっています。家族の一員であるペットが亡くなってしまえば、飼い主は誰だって辛いはずです。ですから、その家族のために「葬儀」が必要なのです。

 葬儀を行うことで、きちんとしたお別れを伝えることができます。現在では、ペットに対して葬儀を行うことは珍しいことではありません。人が亡くなった場合には必ず葬儀を行いますが、それと同じでペットが亡くなった場合も葬儀を行うことは今や当たり前の時代なのです。ペットに対して行う葬儀の種類も人間と変わらず、「火葬」形式の葬儀が一般的となっています。火葬した後も、ペットの遺骨を納骨堂やお墓に納めて供養します。お彼岸だって行います。ペット霊園の数も多くて、都市部だけでも100以上のペット霊園が存在しているのです。火葬場はもちろんのこと、納骨堂やお墓もきちんと備えています。移動形式の火葬車や読経も行っておりますので、もしあなたの大切なペットが亡くなってしまった場合、きちんと弔ってあげるためにも「ペット葬儀」を行うことをお勧めします。

check

ペンライト
宮崎市 土地
オーダーメイドのシルバーアクセサリー

Copyright (C) 2008 ペット葬儀情報のペットPet. All Rights Reserved.